You are here:--YOUTUBE制作 画面キャプチャーツール

YOUTUBE制作 画面キャプチャーツール

人気のあるYouTube動画は、ウェブカメラではなく、コンピュータ画面に表示される画像、映像をキャプチャすることで作成されます。
例えば、Pewdiepieは、自分のYouTubeチャンネルに加入している人が800万人近くにのぼります。そのほぼ全てをスクリーンキャスト(画面キャプチャーの動画)で制作しています。
さまざまなオペレーティングシステム用の「スクリーンキャスト」を作成するために使用できるツールがいくつかありますので、ご紹介します。

◎Camtasia
Camtasiaは有料ですが、人気があります。
WindowsとMacの両方で利用でき、ユーザーは画面のアクティビティをキャプチャしてプロのWeb対応ビデオに編集できます。
Camtasia Studioの購入には299ドルの費用がかかりますが、無料試用版もあります。

◎CamStudio。
CamStudioは完全無料のオープンソースで、コンピュータ上のすべての画面とオーディオの動作を記録することができます。
CamStudioはファイルをAVIファイルとして出力し、必要に応じてFlashファイルに変換できるツールを内蔵しています。 CamStudioには、プロフェッショナルな品質のビデオを作成するのに役立つサポートフォーラムもあります。

◎Microsoft Expression Encoder
Microsoft Expression Encoderは、Silverlight形式のエンコード用に設計されていますが、別途スクリーンキャプチャツールが含まれています。Microsoft製ということで、安心度が高く、無料で広告もなく、私も使用しております。

◎EZVid
EZVidは完全に無料です。 EZVidには、音声合成機能、画面描画ツール、および基本的な画面キャプチャに加えて速度制御機能が含まれています。

◎Jing
Jingは無料のツールです。
画面上の操作や付随するオーディオを記録するスクリーンキャストを作成できます。
注意点として、Jingの動画は長さが5分に制限されているため、このツールは比較的短時間の作品を作る制作者に向いています。
多くのYouTube動画は長さが5分未満のため、問題はないと思います。

◎ScreenFlow
ScreenFlowは有料ですが、利点として、Macユーザーは自分の画面を録音しながら、マイク入力とコンピュータオーディオをキャプチャできます。
ScreenFlowには編集ソフトウェアが含まれており、さまざまなYouTube形式やVimeo対応形式でビデオを出力できます。 ScreenFlowの価格は99ドルで、試用版を無料で試すこともできます。

◎Screencast-o-Matic
Screencast-o-Maticは基本的に無料です。利点としては、ワンクリックのスクリーンキャスティングプログラムにより、数秒で稼働させることができます。
無料版では、最大15分間の動画を録画し、YouTubeHDやその他のさまざまな形式に公開することができます。 Proバージョン($ 15 /年)もあります。

以上、YOUTUBEにおすすめの画面キャプチャソフトでした。

おすすめツール

【期間限定1万円OFF】FINALYOUTUBER

Youtubeからリスト収集&稼ぐ最新プログラム!

詳細はこちら

GoogleAdsence

Tutorials & Guides

YouTube成功のコツ、基本知識

8月 12th, 2017|0 Comments

Google AdSense登録方法

10月 11th, 2015|2 Comments

自分で出来る動画マーケティング!

詳細はこちら
By | 2017-08-12T20:12:03+00:00 8月 12th, 2017|Categories: 制作方法|Tags: |0 Comments

About the Author:

Leave A Comment

CAPTCHA