You are here:--YOUTUBEブランド(広告主)との連携手順

YOUTUBEブランド(広告主)との連携手順

ブランドとの提携と聞くと、非常にむつかしいと感じるかもしれません。

ところが、YouTubeのクリエイターがブランドとパートナーシップを設けることは一般的になりつつあります。

チャンネル登録者数が1000名もいれば、提案される可能性があります。

クリエイターがブランドと組んで制作する動画などのメディアアセットを「ブランドコンテンツ」と呼びます。

ブランドと協力してブランドコンテンツを制作する事を「ブランド取引」と呼びます。

通常、ブランド取引は双方にメリットがあります。

・クリエイターにとっての良い面は収入源が1つ増える

・ブランドにとってはブランドのアイテムを使って特定のユーザー層(クリエイターの視聴者)にアプローチ可能

一般的なのは、ブランドの商品のターゲットがクリエイターのチャンネルの視聴者と似ていることから、ブランドがクリエイターにアプローチするというパターンです。

ブランドコンテンツのタイプは、アイテムやブランドを表示する方法によって異なります。

ここでは一般的なタイプは4つあります。

➀背景などにブランドがさり気なく表示

②ブランドが目立つように表示

③ブランドをストーリーの要素として組み込み

④カスタム動画:ブランドに着想を得たコンテンツを再生。

YouTubeのブランドコンテンツを見つけてみましょう。

実例を見る。

YOUTUBE Justin Bieber – Sorry (PURPOSE : The Movement)

8月 12th, 2017|0 Comments

Youtube再生回数27億回!!! カナダのミュージシャン、Justin Bieber ジャスティン・ビーバーの大ヒット曲Sorry (PURPOSE : The Movement)。 2015/10/22 に公開 ‘Purpose’ Available Everywhere Now! iTunes: http://smarturl.it/PurposeDlx?IQid=VE... Stream &

YOUTUBE Wiz Khalifa – See You Again ft. Charlie Puth [Official Video] Furious 7 Soundtrack

8月 12th, 2017|0 Comments

再生回数30億回!!! 映画「ワイルド・スピード7」の撮影中に命を落とした俳優ポール・ウォーカーのために作ったウィズ・カリファの作品です。 2015/04/06 に公開 The Fate of the Furious: The Album available now - https://atlantic.lnk.to/f8 Download the

YOUTUBE PSV GANGNAM STYLE MV

8月 12th, 2017|0 Comments

再生回数29億回!!!世界一再生数の動画の一つ。 GANGNAM STYLE(江南カンナムスタイル)のMVです。 2012/07/15 に公開 PSY - DADDY(feat. CL of 2NE1) M/V @ https://youtu.be/FrG4TEcSuRg PSY - 나팔바지(NAPAL

お金稼ぎをお手伝いする

ツールセレクション

人気が出始めると、ブランド取引の提案は比較的多く行われるかもしれません。

ブランド取引に応じる前に、ブランドと自らの視聴者の相性をよく考えましょう。

自らと組みたいと提案するブランドの全てとパートナーシップを組む必要はありません。

・ブランドと自らの視聴者の相性
・自分の持つ価値は何なのか
・動画を作り続けるやる気は何なのか

についてじっくり腹積もりをし、応諾を考えましょう。

ブランドコンテンツを制作する契約を結ぶ前や広告大抵チャンネルを売り込む前に、ブランドを調査してブランドの価値を習得するようにしましょう。

ブランドとパートナーシップを組む事について検討を始める時は、自分の視聴者を念頭に置く事が肝心です。

チャンネルの基本理念や目標、他にも視聴者に合ったブランドコンテンツを作っているクリエイターは成功しています。

忘れてはならないのは、コミュニティとの間に築かれた信頼関連を守るために、自身のチャンネルにふさわしい動画を配信する事です。

YouTubeのクリエイターがコミュニティと作りあげる関連は特別なものです。

過去に同じブランドと組んだことがある他のクリエイターを見つけ、そのクリエイターが制作した動画のタイプを見定めするのも効果的です。

ユーチューブ自動投稿ツールAutoBuilder

YouTubeの動画を記事コンテンツとして生成し、無料ブログにほったらかしで大量生産!

アクセスアップを追求したユーチューブ自動投稿ツール。

詳細はこちら

ブランドとの連携が始まれば、直接つながりを持つ機会は、数多くあります。
会議に出席する、広告代理店と連携する、直接ブランドに問い合わせるなどです。

その際は、自分のブランドに関する情報をプレゼンテーションなどにわかりやすくまとめ、自分のブランドを紹介し、自分と組む事のメリットを説明しましょう。

こうした自己紹介の方法にはさまざまな形式がありますが、次の要素を盛り込むようにしてください。

・ユーザー層レポートや登録者レポートから取得した視聴者に関連する統計。

・これまでの作品。

・特に自信があるコンテンツの見本。

・自身ならではの独自性。

目標はほとんどの時、企業のブランドをうまく表現するコンテンツを代理で制作するための経費を出してもらえば、最高の結果です。
このプロセスは就職面接のようなものととらえたほうがよいかもしれません。

ブランドとの関連を用意する事ができたら、ようやく具体的な提案書作りにとりかかります。

提案書作りではブランドのニーズに焦点を当て、自分自分の目標やビジョンとブランドの目標やビジョンを一致させます。

また、特に伝えたいメッセージや、自分のリーチと視聴者に関する注意すべき統計、制作手法として考えているいくつかの選択の余地を含めることもできます。

ご武運をお祈り申し上げます。

自分で出来る動画マーケティング!

詳細はこちら
By | 2017-08-12T17:06:15+00:00 8月 12th, 2017|Categories: 手順コツ|Tags: |0 Comments

About the Author:

Leave A Comment

CAPTCHA